契約した時がスタートライン

お客様から、継続的な契約を
1ついただきました。

最近は、契約を貰うたびに、
緊張感が高まります。

なぜなら、
頂く対価を超える価値を
提供しなければいけない
からです。

頂いたお金以上の仕事が
できなければ、次はなく、
そのお客様との関係は
終わってしまいます。

逆に、お金以上の価値を
提供することができれば、
継続して仕事を依頼していただけます。

そういった意味では、
契約をしたということは、
その後の関係を踏まえた上での
きっかけでしかなく、

継続して仕事を依頼して貰ってはじめて、
価値を提供することができた、
と言えるのです。

しかし、周囲を見ていると、
契約をすることが目的になっており、
その後にしっかりと価値を提供することに
について適当な会社が多いと感じています。

とにかく相手に満足してもらうために
力を尽くす。

そして、これを繰り返すだけで成功できる。

そんな原則を改めて認識した
一日でした。