商売上手かどうかは、携帯がすべて教えてくれた

Posted on Posted in ブログ

 

ここ数年で、携帯電話は

ガラケーから一気にスマホに

変わっていきました。

 

 

時代の移り変わりというのは

本当に早いですよね。

 

 

気が付いたら、iphoneも

バージョンは7まで進化しています。

 

 

新しい携帯を持つのは

うれしい一方、やはり費用が気になりますよね。

 

 

ところで、

携帯に関して一つ面白い実験がありましたので、

この場を借りてご紹介しようと思います。

 

 

ここに、携帯Aと携帯Bがあるとします。

 

携帯Aは高機能だが高い。

携帯Bは低機能だが安い。

 

という特徴を持っています。

 

 

ここで、あなたが携帯A(いい携帯)を

持っているとしましょう。

 

そこで、今よりも機能が落ちるけど

安くなるBに変えますか?

 

と聞かれると、ほとんどの人は

「変えない」と答えるそうです。

 

 

一方、あなたが携帯B(わるい携帯)を

持っているとしましょう。

 

そこで、今よりも機能が上がるけど

高くなるAに変えますか?

 

と聞かれると、ほとんどの人は

「変えない」と答えるそうです。

 

 

ここから何が言えるかというと、

人は「持っているもの」に過剰な

価値を感じてしまいがちということです。

 

 

特に男の方は、ずっと使ってきたもの、

例えば、万年筆やスーツなどに愛着を持つ

方も多いのではないかと思います。

 

 

モノに対して愛着を持つことは、

とても良いことですよね。

 

 

しかし、経済活動という観点に

おいては、この愛着が思わぬ結果を

もたらしてしまうこともあります。

 

 

例えば、収益物件の市場において、

ある投資家の方は、収益物件を今

「売り」に出しています。

 

 

なぜかと言えば、

今はマーケットが高いからです。

 

 

私も、今は購入の方ではなく、

売却の方に90%以上の力を

注いでいます。

 

 

昨年もRCを売却しましたし、

これからも売却を続ける予定です。

 

 

そして、

投資家時代に売りに出した経験と、

仲介の立場で売りに出した経験を通じ、

 

どうすれば高く売れるのか、

というノウハウを身につけることができました。

 

 

おそらく、当社はほかのどの仲介会社よりも

売主の方の手残り額を多くすることができると

確信しています。

 

 

要は、高く売ることができるということです。

 

 

もちろん、この言葉を信じるかどうかは

自由なのですが、

 

 

弊社では一般媒介でも喜んで売却活動を

行いますし、

他の仲介会社と天秤にかけて頂いても

構いません。

 

 

それでも高く売れる自信があるからです。

 

 

先月も、高値売却のためのセミナーを

開催しました。

その際のプレゼン資料は、

スライドで約60枚のボリュームになりました。

 

 

マーケットを大きく乖離した金額で

売ることは難しいですが、

 

数百万単位であれば簡単に変わってくる

と思います。

 

 

今のタイミングで利益確定をしたい。

そして、一円でも高く売りたい。

 

という方は、お気軽にご連絡下さい。

 

 

また、すでに売却の仲介を依頼している方も、

その会社がどういった活動をしているか

確認することができますので、

お気軽に連絡いただければと思います。

 

 

売却の詳細については

こちらをご覧ください。

 

 

紹介頂いた方に紹介料

(利益の20%)もお支払いしていますので、

お知り合いの方で収益物件の売却を

考えている方がいらっしゃる場合も、

お気軽にご相談頂ければと思います。