幸せのハードルを下げておく

 

毎日生活していく中で、

貰う給料が増えていくと、

生活も豪華になりがちです。

 

 

お金を使うことで満足感を

得ることができますので、

 

 

あればある分使うというのが

普通の考え方でしょう。

 

 

最近では、

カードローンの額も大きく増えている

みたいですので、

 

借金をしてでもお金を使いたい。

という方が数多くいるのでしょう。

 

 

もちろん、お金はあるに越したことは

ないですよね。

 

お金があることで、

充実感や安定感を感じることができるのは

事実でしょう。

 

 

お金があれば安心感があるのに、

お金を使い切ってしまう。

 

 

つまり、お金はある程度残しておく。

という当たり前のことが

極めて重要だと思うのです。

 

 

では、どうすればお金を

残すことができるのか、

という点なのですが、

 

お金を残すためには

幸せのハードルを下げておくこと

が重要だと思うのです。

 

 

では、どうやれば幸せのハードルを

下げることができるのか。

 

私は、ある口癖を意識することによって、

幸せのハードルを無理なく下げることが

できると考えています。

 

その口癖とは

「ちょうどいい」

 

というものです。

 

 

給料が少ないぐらいがちょうどいい。

 

失敗するぐらいがちょうどいい。

 

 

この言葉を口癖にするだけで、

あっという間に幸せのハードルが

下がると思います。

 

 

そうすると、現状に満足することが

できますので、無駄な出費が減り、

お金がたまります。

 

 

そして、お金がたまると精神的な

安定感につながるのです。

 

 

その結果、ストレスが減り、

自己研鑽にはげむ時間が増えるのでは

ないかと思います。

 

 

「ちょうどいい」

をこれからの口癖にしてみては

いかがでしょうか?