世界二位よりも世界一位を取る

世界二位よりも世界一位を取る

 

ちょっと古い話になってしまいますが、

 

ボクシングミドル級の村田選手。

惜しかったですよね。

 

再戦になるみたいですが、

次もガツンとダウンを奪って

ほしいです!

 

ところで、

ボクシングにおいては、

プロは17種類の階級があります。

 

 

一番軽いミニマム級は47キロ、

一番思いヘビー級は90キロですので、

 

何と2倍!の違いがあるわけです。

 

 

そして、それぞれの階級において

世界チャンピオンがいます。

 

 

街でケンカをすれば、

ミニマム級の世界チャンピオンは、

100キロの巨漢には勝てないかもしれません。

 

 

しかし、それでも世界チャンピオンなのです。

 

 

そして、世界チャンピオンになると、

世界チャンピオンというラベルを

身につけることができます。

 

 

世間から見た

世界2位と、世界1位の差は、

思った以上に大きいです。

 

 

そういった意味では、

世界一を取ると、ほかの人から

の評価がグッと高まります。

 

 

例えば、

茅場町2丁目のオフィスのことなら

世界一。

 

といえば、茅場町にオフィスを

構える予定の人は、

相談してみようかな?と思うでしょう。

 

 

そして、不動産投資においても、

他の人が持っていない特徴を付けることで、

他と差別化ができるかもしれません。

 

 

主婦大家、優待大家、イクメン大家など、

切り口は何でもよいのです。

 

 

不動産投資 x 〇〇という形で

発信をしていくと、思わぬところから

仕事の話につながり、世界が広がっていくかもしれません。