一発逆転を狙う人は、一発逆転される

Posted on Posted in ブログ

突然ですが、
どんなスポーツでも駆け引きが
ありますよね。

例えば、野球の場合、
ストライクを3つ取るために、
ボールが3つまで許されています。

投手から見ると、
3つのボールをいかに組み合わせながら
バッターを打ち取るか、
という点が駆け引きのポイントになるでしょう。

ここで、戦略を隠すのが苦手な
バッターがいたとしましょう。

その構えから見ても強打を
する気がプンプン伝わってきます。

この時、ピッチャーからすると、

どういった配球にすればアウトが
取れるか、頭の中で組み立てることが
できるでしょう。

つまり、相手の戦略が分かれば、
その戦略に対して対応策を
取ることができるのです。

ところで、不動産投資でも、
戦略を立てることが重要だと思うのです。

例えば、1年後までにセミリタイアしたい!
と意気込んでいる人がいたとします。

そして、業者に対しても
「来年までにリタイアしたいのです!」
と意気込んでいるとしましょう。

こういった人は、
業者から見たらアウトを取りやすい
打者に見えているかもしれません。

なぜなら、そういった強打者は、
少しぐらい悪い物件(ボール)であっても
買ってくれる(振ってくれる)
可能性が高いからです。

私の場合、そういった方が来た場合は、

「今はタイミングとしては良くない
ですよ。」としっかりとお伝えしていますが、

仲介会社は売ることが仕事ですから、
どんな物件であってもバンバン
紹介してくるでしょう。

この場合、取るべき戦略としては、
ホームランを打つ素振りを見せて、
実はヒットを狙う。ではないかと思います。

不動産投資であれば、
すぐにでも買いたいです!と言い、

物件を紹介してもらう形を作りつつ、

実際は頭の中で冷静に物件を
分析するという状況です。

間違っても、
仲介会社の前で、
「本心からの特大の予告ホームラン」
をしないように気を付けましょう!

予告ホームランをしつつ、
セーフティーバントをするぐらいの
気持ちが成功する上では重要かもしれません。