「買う」ではなく、「売る」を意識する

収益物件を買い始めると、
どこまで資産を拡大するのか、
という思いが生まれますよね。

これは収益物件に限らず、
資産形成をする方はみなさん
感じていることかもしれません。

株の場合など分かりやすいですよね。

始めは数万円で始めたけど、
自然と金額が大きくなっていき、
気が付いたら数百万円を
使うのも抵抗がない。

ということになったりします。

規模を拡大することは悪いこと
ではありません。

生活を盤石にしていくために、
どんどん資産を積み増していけば、
それが安心感にもつながっていくでしょう。

ここで一つ新しい視点として、
「売る」ことを意識した
不動産投資というものを
考えても良いかもしれないと思うのです。

もう少し違う言い方をすると、
売ることを前提として
収益物件を買うということです。

売ることを意識することによって、
違う視点で収益物件を見ると、
新しい発見があるかもしれません。