紹介の力は大きい(だから仲介会社に注意!)

Posted on Posted in ブログ

いつの時代においても、
「紹介」というのは
とても効果がありますよね。

なぜなら、紹介というのは、
すでにある程度「信頼関係」が
築けている状態ですので、

初対面の場合と比べ、
スムーズに話を進めることが
できるからです。

例えば、保険の営業であっても、
自分で売り込みに行く場合と、
誰かに紹介される場合では、

受手の印象は大きく異なる
のではないでしょうか。

そして、紹介にはいろいろな
形があると思いますが、
その中でも不動産の仲介は、

ある意味紹介ではないかと思えるのです。

なぜなら、
見方を変えれば、不動産の仲介は
売手に変わって物件を「紹介」する
ことと考えられるからです。

例えば、物件の売主から
「この物件は本当に良い物件ですよ」
と言われても、
「本当かな?」と思うのではないでしょうか?

一方、収益物件の仲介においては、
例え仲介だとわかっていても、

「この物件は良い物件ですよ」
と言われると、なぜか安心してしまう
方もいるのではないでしょうか?

私も投資家の時は全く考えてなかったのですが、
ふと思うと、仲介会社は紹介ではないことを
しっかりと認識することは、
とても重要なことかもしれません。

仲介会社は間を取り持つ人ではなく、
売り子である、という認識を持って
不動産を購入していくことが大切ですね。