日記を書き続けるコツ

継続は力なり、

という言葉がありますが、

 

何かを続けるというのは

難しいものですよね。

 

続けることができるというのは、

一つの才能ではないかとさえ思えます。

 

本当に簡単なものでも、

毎日続けるのは本当に大変です。

 

毎日続けるとよいものの例として、

日記などがあげられるのではないかと思います。

 

しかし、実際に日記を書き続けている

人はほとんどいないのが

現状なのではないでしょうか。

 

日記を書くという行為が

負荷になってしまう人が多いのでしょう。

 

物理の世界では、

静止摩擦力というのと、

動摩擦力というものがあります。

 

例えば、ふすまを動かすとき、

はじめはある程度力を入れないと動きませんが、

一度動くとスムーズに動きますよね。

 

これは、

ふすまが動き始める時には静止摩擦力が、

動きはじめてからは動摩擦力が働いているからです。

 

そして、動摩擦力よりも

静止摩擦力のほうが大きいというのが

一般的な考え方です。

 

つまり、何か物事をする際には、

やり始める瞬間が一番エネルギーが

必要といえるでしょう。

 

そういった意味では、

この静止摩擦力を極限まで小さくすることが

できれば、継続させることも比較的

簡単になるのではないかと思います。

 

なぜなら、一度動き始めてしまえば、

小さい力でも動き続けることができるからです。

 

日記の場合でも、

いったん書き始めると、

意外にすらすらかける。

といったことがあるかもしれません。

 

そういった意味では、

まずやってみればノッてくる。

 

ということを強烈に意識することで、

静止摩擦力の壁を打ち払うことが

できるようになるかもしれません。