3か月後にやるボランティアと、3日後にやるボランティア

最近読んだ本で、

 

とても面白いことが書かれていましたので、

 

この場を借りてご紹介しようと思います。

 

 

 

その本の中には、

 

「3日後にボランティアをやって下さい」

 

とお願いされた場合と、

 

「3か月後にボランティアをやって下さい」

 

とお願いされる場合で、

 

人は判断をする基準が異なるということが

 

書かれていました。

 

 

 

具体的には、

 

3日後にボランティアを依頼された場合は

 

その日前後の予定をベースにボランティアに

 

参加するかどうかを決めるようです。

 

 

 

その一方、

 

3か月後にボランティアを依頼された場合は、

 

人生におけるボランティアの意義

 

という観点から、ボランティアに参加するか

 

決めるようです。

 

 

 

つまり、同じボランティアをするという中でも、

 

その判断基準が全く異なるのです。

 

 

 

現代の人は、毎日の忙しさに忙殺されて

 

しまっており、毎日のように繰り返される

 

判断をこなすだけで精一杯になって

 

しまっているのかもしれません。

 

 

 

しかし、本当に重要なことは

 

数か月後を見据えた上で、

 

今やるべきことを決めていく

 

ことではないかと考えています。

 

 

 

今やっているタスクが重要かどうか

 

判断する基準として、

 

3か月後でも同じことをするのだろうか。

 

と考えると、

 

そのタスクが本当に重要かどうか、

 

判断することができるようになるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

お名前

ウェブサイトURL